Journal

CROSS TALK02  HOMME girls Thakoon Panichgul 【後編】

CROSS TALK02  HOMME girls Thakoon Panichgul 【後編】

Ron Herman Journal

Issue 15Posted on Mar 01.2021

ロンハーマンにかかわる方を迎え、さまざまなお話をうかがいます。第2回目のゲストはThakoon Panichgul(タクーン・パニクガル)さん。世界的に活躍するデザイナー、パニクガルさんが、新たに挑戦したのは、メンズシルエットをそのままレディースのウエアに落とし込んだHOMME girls(オムガールズ)。今シーズン日本に初上陸する注目のブランドですが、その新鋭的なデザインに込めるパニクガルさんの思いをお聞きしました。


HOMME girlsウエアコレクション誕生の源となった、パニクガルさんが制作した同名の雑誌。インスタグラムのコミュニティのアイデアがリアルなカタチになった


—HOMME girls は、従来のパニクガルさんのコレクションであるTHAKOONとは大きく異なりますよね。THAKOONはもっとフェミニンに感じられますが。


私には二つの個性があります。女性らしくなることもあれば男性らしくなる時もあります。つまり2種類のエネルギーを持っているのです。魔法みたいですよね。ですので、THAKOONには女性の方のエネルギーを、HOMME girls には男性の方のエネルギーを注ぎ込んだということです。それは自分にとってはとてもバランスのよいことだと思っています。


— 今後、HOMME girlsで新たにチャレンジしようとしていることは。


今、とてもわくわくしていることがあるんですよ。それはヴィンテージのメンズウエアのアップサイクル、つまりヴィンテージウエアに付加価値を付けてリサイクルすることです。HOMME girlsはまるで実験室のような存在なのです。アイデアが浮かべば、みんなですぐに実行する。ルールなんてありません。ただ行動に移すのみです。実は先日、素敵なヴィンテージのメンズスーツを見つけてアップサイクルしてみようと数着作ってみたところ、すぐに反応がありました。あっ、これは素敵だ、やってみたい、作ってみたい! そう思ったら、すぐに取り組むことは、私たちにとって大切なことなのです。

シンプルなデザインながら、上質な素材にこだわる。メンズ、レディースという境界を越えて、服としての完成度の高さはさすが


—それは、とてもサステイナブルな取り組みですね。


はい、その通り。私はサステイナブルなことはとても大切だと思っています。今の時代この地球上では誰もが持続可能なことを考えなければなりません。その意義を実行することの一つが、ヴィンテージウエアのアップサイクルです。私が手掛けることで、見る人々に訴えかけたいのです。そして、服を購入したら、その服をずっと着続けてほしいのです。もう飽きた、いらない、とポイっと捨ててしまうのではなく、持ち続け、着続けてほしいという思いで常に服を作っています。


—それは私たちもまったく同じ考えです。私たちのストアでもHOMME girlsを展開していますが、ロンハーマンについてはどういう印象を持っていますか。


とても好きですよ。サステイナブルやアップサイクルを大切にしているところがHOMME girlsのイメージにぴったりです。特に日本はHOMME girlsにとっては、アジアの中でファンがいる場所だと思っています。これまでも年に一度は日本を訪れ、私のコレクションをアピールしてきました。その理由の一つは、日本の方は本当によくファッションというものを理解しているからです。細かいところまできちんと勉強しています。皆さんからは、私がHOMME girlsに注いでいるエネルギーと同じエネルギーを感じるのです。ですから、ロンハーマンとともに仕事をすることは楽しみでなりません。


HOMME girlsはアンダーウエアもラインナップ。肌触りもサイジングも申し分なく、リラックス感を味わえる


—パニクガルさんはずっとファッションの世界で生きてきました。ご自身にとって、ファッションとは。


今はこれまでとは少し違う意味を持っていますね。自分個人の充足感や喜びの感覚を得ることでしょうか。例えば、とてもシンプルなTシャツ1枚でも、それがぴったり自分にフィットすればとてもわくわくするでしょう。その「感覚」こそが、今、自分がファッションと呼んでいるものです。


—HOMME girlsはとても素晴らしいデザインだと思いますが、日本の女性にどのように着こなしてほしいですか。


どれもとてもシンプルなデザインなので、気軽に着てほしいと思っています。そうですね……。ストリートウエアとテイラージャケットの組み合わせなど素敵では。カジュアルとフォーマルを融合させるのです。今は仕事がどんどんテレワークになって自宅で上半身だけPCの画面に映っていることが多くなりましたから、上はきちんとしたシャツを着て、ボトムはカジュアルなハーフパンツ(ボクサーパンツ)とかもありでは (笑)。


—それはいいですね! どうもありがとうございました。


※ヴィンテージのアップサイクルコレクションはロンハーマンでの展開は現在未定です。


Profile

タクーン・パニクガル Thakoon Panichgul
「THAKOON」デザイナー。タイ出身。11歳で渡米し、ネブラスカ州で育つ。ボストン大学卒業後、大手アパレルメーカー、出版社でキャリアを重ねる。美大でアートとデザインを専攻後、デザイナーに転身。コレクションはミシェル・オバマ大統領婦人のお気に入りになるなど、世界から注目される。2019年、「HOMME girls」をスタートさせた



パニクガルさんの活動はアパレルに留まらず、ファインジュエリーの世界にも及んでいる。デザイナーそしてクリエイターとしての今後に注目だ

Latest Issue

Back to Index