style of life california

PAUL JASMIN

-Artist BIOGRAPHY-

Paul jasmin has had a long career as a fashion and art photographer. He was born in helena, montana and in 1954 left to begin an amazing journey that would take him to paris, morocco, new york and eventually “the city of dreams”, los angeles.

Paul had been an illustrator, a painter and an actor, before picking up a camera- at his friend, photographer bruce weber’s urging. Paul’s images of real and imagined dreamers evoke a sensual and glamorous ideal while firmly rooted in reality.

His editorial work appears in vogue, teen vogue, gq, details, v magazine, v man, vogue homme, w, and interview. He lives and works in los angeles where he teaches at the art center college of design in pasadena, california.

Paul's photography books include the much- acclaimed hollywood cowboy (2002) and its follow up, lost angeles (2004). In december 2010, steidl/7l published paul's long awaited third book, california dreaming.
(bio from wm artist management)

ポール・ジャスミンはファッションとアートの写真家として長いキャリアをつんできました。1935年にモンタナ州のヘレナで生まれた彼は、1954年に旅に出る為にモンタナを去ります。彼が目指したのはパリ、モロッコ、ニューヨーク、そしてたどり着いたのが“夢の街”、ロサンゼルスでした。

ポールはイラストレーターや画家、俳優として活躍していた時に、友人の写真家、ブルース・ウエバーに勧められ写真を撮りはじめます。彼の写し出す写真の中の人物たちは、官能的で華やかな理想像を喚起させつつ、あくまでも現実味を漂わせているのが特徴的です。

彼はこれまでにVOGUE、TEEN VOGUE、GQ、DETAILS、V MAGAZINE、V MAN、VOGUE HOMME、Wなどの雑誌やインタビュー、その他(サックス・フィフス・アベニューやノードストロームなどの)数多くの広告の撮影を手掛けてきました。

現在彼はロサンゼルス在住。カリフォルニア州パサディナにある美大として有名な大学、アートセンター・カレッジ・オブ・デザインで教鞭をとっており、ソフィア・コッポラは彼の生徒の1人でもあることで有名です。 彼の出した写真集は、高く評価された“ハリウッドカーボーイ”(2002年)、その続編の“ロスト アンジェルス”(2004年)、そして “カリフォルニア ドリーミング”(2010年)の3作品がSteidl社から出版されています。
(WMアーティストマネージメント社バイオより)


-Message From PAUL JASMIN-

I always tell my students, 'show me your fantasy life -this is what I want to see. 'American Beauty is about youth and beauty. It is about people who, when I see their faces, I long to photograph them. They are images from my own fantasy life -how I would like to see the world. They keep me dreaming.

私は学生たちにいつも言ってるんだ、「君たちのファンタジーライフ(空想の世界)を見せてくれ。それが見たいんだ。」と。アメリカンビューティーとは若さと美しさのこと。顔を見た時に撮影したくてたまらなくなる人のこと。彼らは私自身の空想の世界をイメージしたもの。私が見てみたい世界。彼らは私に夢を見続けさせてくれる。

-Message From SOFIA COPPOLA- (Text by Kunichi Nomura)

I met Paul Jasmin as a teacher at Art Center, and we did photos together when I was 19 or 20 when I met him. He's the coolest, I loved talking to him about photography and old films, and still do. He was one of the first people who encouraged me that I had a point of view with how I looked at girls and he always pushed me to take pictures and encouraged me as a film maker. He was an important person to me starting my career, and he's still a close friend. I love his photos, he understands beauty and style.

私はパサデナアートセンターで先生をしていたポール・ジャスミンの生徒として彼と出会ったの。まだ19、20歳の頃で写真を一緒に撮ったりしたわ。ポールは本当にクールな人で、一緒に写真や古い映画について話すのは楽しいし、今でもよく話すわ。ポールは私が女の子に対して独自の視点があると気付き、勧めてくれた最初の1人で、常に写真を撮るよう私を駆り立て、映像作家として励ましてくれてきた。私が自分のキャリアをスタートする上でとても重要な人で、そして今でも近しい友人でいてくれている。私はポールの写真を愛しているわ。彼は美しさとスタイルというものを本当に理解しているから。


■Exhibition:American Beauty
■Day:11/6 - 1/31
■Place:RH CAFE SENDAGAYA