style of life california

Launching LILY ASHWELL on 8.24.2013

デザイナーのLily Ashwell(リリー・アシュエル)はLAに生まれ、育ちました。

ペンキを剥がしたようなアンティーク家具や色褪せたような風合い、
上質なリネンやレース、花柄などで代表されるインテリア、SHABBY CHIC(シャビーシック)。

昨今インテリア界で人気のSHABBY CHICを代表するRachel Ashwell(レイチェル・アシュエル)と
ペインターのDavid Ashwell(デイビッド・アシュエル)の娘に生まれたLilyが手掛ける
ウィメンズウエアのブランドが『Lily Ashwell(リリー アシュエル)』です。

美しいもの、特にヴィンテージの服をこよなく愛する人。
Lilyは自身のことをヴィンテージドレスの保護者であり、水彩画家であり、服飾デザイナーであり、
そして人間であると表現しています。
彼女のデザインは自身の環境や、カリフォルニアの広大な景観からインスピレーションを得ています。

Lilyのコレクションは、ヴィンテージのシルエットやディティールを大切にしています。
一生愛せる普遍的な彼女のウエアは、昼でも夜でも、どんな季節でも身に付けることが出来るのが特徴です。


「一粒の砂に世界を見、一輪の野の花に天国を見るには、君の掌で無限を握り、一瞬で永遠をつかめ。」
―――ウイリアムブレークの「無垢の予兆」から。


幼いころからSHABBY CHICの世界観の中で育ってきた彼女が生み出すスタイルは、
どこか懐かしく程よく力の抜けた上品なスタイルです。

2013年秋、日本初上陸。
8/24(土)より、ロンハーマン千駄ヶ谷店に登場します。